東京経済大学

学生記者が書く
TKU CAMPUS BLOG


2016/11/24 hiromu
キャリア塾の取り組み〜国分グループから卒業生を迎えて講演

こんにちは!学生記者のhiromuです。
今回は、10月26日(水)4時限目に行われた「キャリア塾」の模様をお届けします。
IMG_3421.JPG

キャリア塾とは、東京経済大学の若手卒業生を講師に招き、2〜3年生を対象にゼミ方式で仕事の魅力を伝えるプログラム(正課外)です。

当日は、酒類・食品の卸売を行う「国分グループ本社株式会社」の人事を務める伊勢野友見さんが、講師を務めました。
IMG_3407.JPG

参加した学生15名が3グループに分かれ、まずは卸売業についての講義を受講。
1ヶ月の主な業務の流れや、食品メーカーとの違いをパワーポイントで学びました。

講義の後は、グループワークに入ります。
「チームワーク」、「ヴァイタリティ」、「問題解決」、「統率力」という4つのキーワードの中から1つをピックアップし、そのテーマに関する自身の経験を"ポジティブ"にまとめ、1分間のスピーチを行いました。
IMG_3460.JPG

自身の経験を簡潔に伝えるという意味で、就職活動の際にも役立つこのスピーチですが、学生のなかからは「1分間という短い時間にまとめるのは難しい」「日頃からの自己分析が大切だと感じた」との声がありました。
一方で、歳が近い学生の"ポジティブ"な経験談を聴くことで、「周りから受ける刺激があった」との声も。

最後に、講師を務めた伊勢野さんは「この場でスピーチができたことを、まずは自信にしてほしい」と学生にエール!
90分間という限られた時間ではありましたが、卸売業について学ぶだけでなく、スピーチによって就職活動の予行演習もできる今回のキャリア塾は、非常に有意義な時間だと感じました。




資料請求

<< 次の記事 >> 前の記事
[ 学生ブログ ]

↑ページトップへ戻る



資料請求|交通アクセス|お問合せ
プライバシーポリシー|サイトのご利用方法


友達に紹介する

Copyright(C)東京経済大学